マスクの洗濯の仕方と保管方法

こんばんは。今年初めてのブログですね。2021年もどうぞよろしくお願い致します。

去年から、ネットで買い物をする事が増えましたので、今更ですが、今年に入ってAmazon プライムに入ってみました。そしたら、Amazon musicがすごく便利でびっくりしました!200万曲が聴けるのもすごいのですが、ジャンル別にプレイリストというのがあって、例えば、『晴れた朝に聴きたい洋楽』とか『年始に聴きたい琴の音色』というものもあります。その時の気分でアルバムのようにずっと聴けるのでいいですね。

さて、本題に入ります。

前回のブログ【2020年最後のご挨拶】の続きなのですが、

夏に『洗えるひんやりマスク』、秋に『洗えるデニムマスク』を販売し、私も自分のマスクを毎日使って、毎日洗濯をしているので、私がいつも行っている洗濯方法と保管方法のご紹介をしようと思います。

洗濯の方法は、ネットで検索して頂けると、詳しく載っているページが沢山出て来ますので、私のは参考程度に見て頂ければ嬉しいです。

まず、洗面器に水と衣料用洗剤を入れます。私は目分量です。入れすぎ注意です。(調べると水2リットルに対し、0.7グラム程度と説明しているサイトが多いです)

マスク洗濯1

この写真は、ブラックデニムのマスクです。使用して三ヶ月になりますが、まだ少し色落ちはします。

10分間、マスクを漬け置きします。10分後、やさしく押し洗いをします。生地の繊維を傷つけてしまいますので、強くもみ洗いはしないで下さい。

押し洗いが終わったら、洗面器の水を流すのですが、菌が付いている可能性があるので、飛び散らないようにそっと流します。

流したら、水道水で、マスクをすすぎ洗いをします。ゴシゴシはしないです。

十分すすげたら、清潔なタオル等で、水気を切ります。私は、キッチンペーパーで軽く挟んで水分を取っています。

マスク保管3

その後は、ハンガーに引っ掛けて、部屋干ししています。

マスク洗濯2

私はいつも、夕方頃手洗いをして、次の朝には乾いております。

保管方法は、100均でハガキケースを買いました。haineのマスクはこのケースがぴったりでした。

マスク保管1

高さが約38mmのケースですが、これだとマスク4枚は入ります。

マスク保管2

東京では、爆発的に感染者が増えていますね。私が住んでいる地域も緊急事態宣言が出てしまいました。毎日怖いです。手洗いうがい、消毒はもちろん、よく寝て、よく食べて、よく笑って、免疫力をつけるようにしています。サンドウィッチマンのコントは同じの何回見ても笑っちゃいます。おすすめです。

皆さんもどうぞご自愛下さい。

またブログ書きます。








2020年最後のご挨拶

こんばんは。今年もhaineの商品をご購入頂いたお客様、誠にありがとうございました。今年は、haine始めて以来、一番製作出来なかった年だったと思いますが、それでも変わらず応援して頂いた方々、心より感謝致します。ありがとうございました。


さて、もう大晦日です。
今日は15時までお仕事をして、それから大掃除をしていました。
ミシンも綺麗に拭いて、油を差しました。

20201231.jpg


うちには、このJUKIの腕ミシンと職業用ミシンとロックミシンの3台のミシンがあります。まだまだ欲しいミシンはあるのですが、今はこの子達に食べさせてもらってます。

この2020年は色々な事を考えさせられる1年でした、という言葉すら嫌気が差してしまって、大晦日くらいネットやラジオは消して、好きな音楽だけを聴いていようと思います。

私生活でも変化の年だったので、目まぐるしい1年でした。

活動としては、私は関東在住なのですが、3月以降ほとんど東京には行けず、仕入れにも行けない状態でした。今は、全部ネットで取り寄せています。ネットだと生地を選ぶのに画像だけではなかなか難しいので、まずはサンプルを取り寄せる所から始まるので、本当に時間がかかります。元々、製作するだけでも時間がかかるタイプなので、さらに…という感じでした。

今年一番製作したのがマスクでした。3月頃、家にあった使い捨てマスクのストックもなくなっていき、その頃は布マスクにまだ抵抗があり、どうにか使い捨てマスクを自分で作らないと外に出られないなと思って、100均で材料を揃えました。

写真 2020-04-04 16 46 28

とりあえず、不織布は洋服カバーで代用。これを4枚程重ねました。今思えば、衛生的には謎ですね…笑

まあ、マスク無しよりマシかなと。。自分用だし、結構必死でしたね。

写真 2020-04-04 16 46 21

4枚重ねた不織布の間に、このエアコンフィルターを忍ばせました。これは、マスク用じゃないので、真似しないでくださいね。自己判断で使ってみました。

写真 2020-04-03 23 06 29

そしてマスク用のゴムも当時は入荷してなかったので、普通のソフトゴムです。耳が痛いの何のって。

写真 2020-04-03 23 06 14

当然ノーズワイヤーも手に入らないので、ラッピング用の針金を代わりに使いました。意外と使えましたね。

写真 2020-04-03 22 57 57

100均の材料だけで作ったマスクです。

写真 2020-04-03 22 59 33

思いの外よく出来た気がしました。このマスクで1か月くらい乗り切りました。

だんだん気温も上がり、このままだと夏もマスクをする予感がしたので、UVカット加工の生地を探して、内側を冷感加工の生地でマスクを作ろうと思って、布マスクに移行して行きました。

最初は、使い捨てではないマスクに抵抗があったものの、布マスクも、ちゃんと洗えば快適だなと思いました。何と言っても、常にストックの心配をしなくて済むという事です。今はだいぶマスクは出回っておりますが、5月頃は、まだ市場には少なかったと思います。1年半前には、50枚500円以下で買えてたのが、夢みたいですよね。

それで、完成したのが『洗えるひんやりマスク』でした。

20200523152314.jpg

このマスクで夏を乗り切りました。来年の夏はマスクをしなくて良い世界になっていると良いな。次のブログでは、私がいつも行っているマスクの洗濯方法と保管の仕方を書こうと思います。

今年もこのブログを読んで下さり、ありがとうございました。
では、良いお年をお過ごしください。




抗菌機能加工生地のデニムマスク

こんばんは。今日は、新しく作ったマスクについて、詳しく書いて行きます。

デニムマスク(WH)1

こちらの表地は、繊維上の特定のウイルスの数を99%以上減少させると言う、抗ウイルス・抗菌機能加工技術を取り入れた生地になっております。その効果は、50回の洗濯でも持続すると言われております。

素材は、綿65% ポリエステル35%の混紡のデニムです。特徴としては、シワになりにくく速乾性に優れております。私はいつも、マスクを使い終わって、夕方頃に手洗いして部屋干ししてますが、朝には乾いてます。

内側には、フィルターシートをお入れできるポケットになっていて、裏地も速乾性のあるポリエステル100%の、肌触りがさらっとした生地になってます。

デニムマスク(WH)5

マスクって、耳が痛くなる事が結構悩みだと思うのですが、

私は普段眼鏡をかけていて、さらにマスクをしていると、耳が千切れそうになるんですよね...(;・∀・)

そういうお悩みの方、結構居るのではないかと思い、マスクのゴムは、耳が痛くなりにくい幅広のゴムを使用し、さらに長さを調整できるようにストッパーが付いてます。

デニムマスク(WH)3

あとは、上端にノーズワイヤーが入っているので、鼻の形に曲げられ、ウイルス等の侵入を防ぐ役割をしています。

デニムマスク(WH)4

このノーズワイヤーに、ちょっとしたこだわりポイントがありまして、

普通にワイヤーを切っただけだと、先端が角になっているので、ずっと使用している内に、繊維から飛び出して来ないと言う保証はないな、と思いまして、

先端に防水テープを巻いて、角が当たらないように切ってあります。

ノーズワイヤー1

↓アップの写真です。

ノーズワイヤー2

カラーは、ホワイトとブラックがあります。

↓ホワイト

デニムマスク(WH)6

↓ブラック

デニムマスク(BK)1

デニムマスクはminneのサイトで販売中です→https://minne.com/@haine-store

税込み¥1,100+送料です。

早く、マスクを付けなくても良い生活に戻れる事を思いながら、今は自分の出来る事をやるしかないと思っております。

では、また書きます。

haine:ハイネ
ホームページ https://www.haine.jp
インスタグラム https://www.instagram.com/haine.jp
オンラインショップ https://haine.base.shop




1年ぶりですね。

こんばんは。気づけば1年以上ブログを書いていませんでしたね。これから徐々に復活して行くので、覗いてもらったら嬉しいです。

最近は、新作のバッグとして3wayのトートリュックを作っています。まだ試作段階で、あともうちょっとと言う所です。販売する前のサンプルは、自分で使用するのですが、使ってみると、ここが変だなとか、ここをもうちょっと変えないとなーとか延々に出て来ます。新作を作る度に、自分の未熟さを痛感します。素材によっても、作り方を変えないといけなかったりするので、1回組み立ててみないと分からない事も多いです。(それは私の経験値が足りないからなのかも知れませんが)

こんな感じでスピード感もないので、正直、私みたいなのは商売には向いていないなと思っています。でも、納得できない物を商品にしたくないんですよね。それだけなんです。今まで、売ってきた商品も、自分で納得して販売して来た物ですが、これからもバージョンアップし続けると思います。

悩む事も多いけど、作っていきながら知識と経験値が増えるので、かなり勉強になります。このトートリュックが完成したら、シリーズ化して、トートバッグなどなど考えております。いつも考えておりますって言ってるけど、実現できてませんね!!すみません!!!

1年ぶりのブログですが、私は元気に悩んで生きてます。haineをもっと知って貰えるように、あと商売人として私が成長できるように頑張ります。マイペースですが、どうぞよろしくお願い致します。




色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)

こんばんは。

梅雨明けましたね。びっくりするほど暑いですねーーー。皆さん、熱中症には十分お気をつけ下さい。


今日は、デニム×牛革のトートバッグのご紹介です。

まず今回バッグを作るにあたり、『色落ちしないデニム』という生地を使用しました。

と、いうのも、バッグは身体の摩擦で衣類に色移りしてしまう事が懸念される所で、お客様の大事なお洋服を汚さずに身に付けて欲しいと思い、今回『色落ちしないデニム』を使用しました。こちらは、岡山県産のセルビッチデニム13オンスです。

色落ちしないデニム

こちらのデニムは、堅牢度の高い反応染めという手法で染色しており、摩擦が原因の色移りがし難くなってます。また、ご購入時の色味も長くお楽しみできるのも特徴です。

※雨、汗、水に濡れた場合は、色落ちする可能性がございますので、お取り扱いにはご注意ください。


商品説明ですが、

肩に掛けられる長さ(54cm)の持ち手は、手芯を入れる事によって、しっかりと丈夫な仕立てになってます。



色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)1


表にアウトポケットが2つ、

色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)2

色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)3

内側に吊るしポケットが付いてます。

色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)5

ちなみに、赤耳デニムです。中は、裏地なしの一重仕立てです。

色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)5


底は、デニムと牛革と底板の三重構造になっておりますので、非常に丈夫な仕立てにしております。


色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)6


ポケット口は、ベルト風のマグネットで留める事ができます。


色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)7


A4サイズはすっぽり余裕にお入れできます。



色落ちしないデニム×日本製牛革のトートバッグ(Mサイズ)8
サイズ 縦:32cm×横:48cm×マチ:14cm

税込み ¥19,440

東京高円寺に店舗を構えていらっしゃるLDFSさん(https://www.ldfs.net/)にて販売中です。

ネット販売も随時開始いたします。


haine:ハイネ
ホームページ https://www.haine.jp
インスタグラム https://www.instagram.com/haine.jp
オンラインショップ https://haine.base.shop





プロフィール

haine

Author:haine
haine(ハイネ)というファッションブランドのブログです。洋服、バッグ、小物等をひとりで細々製作しています。デニム、レザーも扱っています。新着情報や製作過程なんかも発信して行こうと思います。良かったら見てみてください。

ホームページはhttps://www.haine.jp

ショッピングサイトはhttps://haine.base.shop

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR