【雑談】続・縄文ブーム

こんにちは、お疲れ様です。

すっかり秋らしくなって来ましたね。

最近の私は、縄文時代がブームです。仕事が1つ一段落したので、映画を観に行きました。

シアター・イメージ・フォーラム 

渋谷にあるシアター・イメージ・フォーラムで上映されている『縄文にハマる人々』というドキュメンタリー映画です。映画というより「プロフェッショナル」や「情熱大陸」的な感じです。縄文マニアの考古学者や大学教授達が、それぞれ縄文への想いを語っています。

シアター・イメージ・フォーラムは初めて行きましたが、座席数64席のミニシアターでした。お客さんも10人くらいで、快適でした。

縄文にハマる人々 

縄文にハマる人々』ホームページはこちらです。(http://www.jomon-hamaru.com)

この映画で、縄文人の端っこだけでも掴めたら。と思っていましたが、甘かった・・・。

余計に謎、謎、謎。

結局のところ、縄文時代の事は、日本最大のミステリー。もう誰にも分からないのです。縄文人がどんな言葉で会話していたかも謎。この時代は文字は持たないから文献も勿論ない。分からない事に思いを馳せて、あーでもない、こーでもないと妄想をする。

これって宇宙と似ていませんか?

時代は違えど、同じ人間。そう思いたいのだが、もはや宇宙人のような感覚。

頭の良い学者さんたちが、答えがないものに、正解を探しているなんて、

なんて、、、

なんて、ロマンチックなの。ぇ

土偶を作る本当の意味とか、器としての機能よりデザイン性に全力を注いでいる土器の意味とか、分からないこそ、魅力的なのです。

縄文土器。好きか嫌いかでいうと、別に好みではない。それなのに、何だか魅了されてしまったのは、縄文人の物作りに対する情熱を感じたからだと思います。クリエーターの方には、オススメの映画です。

縄文の話かと思いきや、最終的には生と死の話で纏めてます。ネタバレするつもりはございませんが、最後に生きた豚の解体シーンがあるので、グロいのが苦手な方は要注意です。

物作りの原点が、縄文時代にはあって、生活を豊かにする為の道具以上に、生き物や自然、大地、宇宙への感謝や祈りが込められていると思いました。

そうそう、土偶をよく見れば、人間離れしているような造形もあり、宇宙人にも見える…。

信じるか信じないかは貴方次第です!!ってとこかしら。



haine:ハイネ
ホームページ https://www.haine.jp
インスタグラム https://www.instagram.com/haine.jp
オンラインショップ https://haine.base.shop






コメント

非公開コメント

プロフィール

haine

Author:haine
haine(ハイネ)というファッションブランドのブログです。洋服、バッグ、小物等をひとりで細々製作しています。デニム、レザーも扱っています。新着情報や製作過程なんかも発信して行こうと思います。良かったら見てみてください。

ホームページはhttps://www.haine.jp

ショッピングサイトはhttps://haine.base.shop

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR