コーデュラリュック本縫い制作中

こんばんは。

じめじめとした梅雨の時期、如何お過ごしでしょうか。もうすでに関東は梅雨が明けたような暑さです。夏はすぐそこですね。今年は、『平成最後の夏』と聞けば、急に海にでも行っておこうかな~という気になります。気になるだけです。8月に行われるデザインフェスタを『平成最後の夏』の良き思い出になるように頑張るのみです。

さて、只今コーデュラリュックの本縫いしておりますので、本日は少しそちらのご紹介をさせて下さい。

裁断する前の生地です。
コーデュラリュック裁断

最初、ナ●カの地上絵みたいだなーと思いましたが、ググッてみたらそうでもなかったです。

綿の生地なら、配置したパターン(型紙)をピンで留めるやり方が主流だと思いますが、このナイロンの生地にピンを使いたくなかったので、チャコペンで印つけをしました。このチャコペンは、シャーペンタイプなので、線が太くなり過ぎないのと、水で消えるので、すごく便利です。洋裁をされる方におすすめです。

 
コーデュラリュック本縫い一部 
まだ一部しかできてませんが、パーツ事に縫い進めております。

手前のファスナーがちょろっと見えているのが、本体の前ポケットになるパーツです。セカンドサンプルとの違いは、ポケット周りに芯を入れてパイピングしてあります。

コーデュラリュック本縫い一部(パイピング) 
パイピングとは、矢印の周りを縁取っている部分の事です。パイピングする事によって、ポケットの形状を安定させられるので、型崩れしにくいです。

あと、持ち手も変更しました。

コーデュラリュック本縫い一部(持ち手1)

前回は、表地だけで持ち手を作っていましたが、今回は表地と背中部分に使っているメッシュの生地と、中にクッション材が入っていますので、持ちやすくなっています。

コーデュラリュック本縫い一部(持ち手2) 

今回はこんな感じです。

まだ縫っていないパーツで、一部変更がありますので、また作りましたら記事にします。

最後に、

裏地のポケットを縫っているのですが、

裏地ポケット1 
左から、A7サイズのメモ帳が入るスペースと、3本それぞれペンが入るくらいのスペースのポケットがあります。

裏地ポケット2 
!?

お気づきでしょうか。裏側には田植えがちらほら

裏地ポケット3 

縫い目はほつれないように最初と最後は返し縫いをするのですが、さらに裏で糸を結んでいます。特にペンを出し入れするようなポケットにしたので、その度に徐々に糸がほつれて行く事を避けたかったので、このようにしています。

しかし、何と言っても時間がかかる(笑)このやり方ではなく、強度があって手間がそれ程ない方法を思い付いたら、そっちに変更するかもです。。今回はこれで行きます。

モード系の某ハイブランドさんでは、返し縫はせず、最後の糸の始末は手作業でやっている話を聞いた事があったのと、去年エルメスのバッグ職人の製作過程を見学した時に、やはり最後は手作業で裏で結んでいたので、意識はハイブランド!の気持ちでやってますが、まあーなかなか価格と作業時間と原価の狭間で揺れております。

それでも良い商品を作りたい。それだけですね。何個も作って日々研究して行けば、効率の良いやり方も分かっていくのだろうなと思います。

また完成しましたらお知らせします。

長々と読んで下さいまして、ありがとうございました。

haine  
ホームページ https://www.haine.jp
インスタグラム https://www.instagram.com/haine.jp
 



コメント

非公開コメント

プロフィール

haine

Author:haine
haine(ハイネ)というファッションブランドのブログです。洋服、バッグ、小物等をひとりで細々製作しています。デニム、レザーも扱っています。新着情報や製作過程なんかも発信して行こうと思います。良かったら見てみてください。

ホームページはhttps://www.haine.jp

ショッピングサイトはhttps://haine.base.shop

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR