L字ファスナーミニウォレット

こんにちは。
前回のブログから、少し空いてしまいました。
基本、飽き性なんですよ、だから3日続いただけでも良い方なんです。

今日は、haineが始まる前から、研究に研究を重ね、探究しながら追求し、究極に使いやすい財布を・・・(きゅうきゅう、うるさい)作り続けて来ました。去年の7月からですかね。もう1年くらい経つのか。

一番最初に作ったのが、シンプルなマチつきのL字財布。

L字ファスナーミニ財布(手縫い)

L字ファスナーミニ財布(手縫い)2

手縫いで作ったので、ハンドメイド感がすごい

これを2ヶ月使ってみて感じた事は、中に定期を入れてると、改札のタッチの時に上手く行かない事が多々あって、外に付けようと思いました。あと、お札がファスナーに引っ掛かるから、縦横5㎜ずつ大きくしました。

L字ファスナーミニ財布(定期入れ)

L字ファスナーミニ財布(定期入れ)2

定期入れの所は、取り出しやすいように親指くらいの穴を開けて、アクセントにピッグスエードを裏地に使いました。スエードにしたのは、起毛してて滑りづらいから、カードが抜け落ちないようにする為です。

それから、3ヶ月くらい使ってみて・・・まだお札が引っ掛かる...お金が貯まらないのは、こんな財布を使っているからなの!?死活問題よ!!って事で、縦に1cm高くしました。

それから、来る日も来る日も、横を大きくしたり、縦を高くしたり、高くしすぎて使い辛くて低くしたり、

試作品の山

これ全部、試作品です。これは、ほんの一部。
毎日、使いやすく手のひらに収まる財布の事を考えていました。います、今も。

何個も作っていると、定期入れの所に開けた穴が、目のように見えて、大量の目玉が襲ってくるという悪夢にうなされた時もありました。

なんでこんなに、拘るのかって。お財布って、携帯の次に、使いますよね。
日常的に使用する物をいかにノーストレスで使えるか。それを研究しているだけです。
作業部屋は実験室のようなものです。

それから今年に入って、総合送りの腕ミシンを買いました。
総合送り腕ミシン

これでレザーもミシンで縫えるーやったー
ミシンだとすっごい時短になりました。

それで作ったのが、こちらです。
L字ミニウォレット1
L字ミニウォレット2
L字ミニウォレット3

中にカード入れも付けました。
これはこれで、良かったんですけど、んー、小銭入れをもっと改良出来ないかなーと思って、また作り直しました。もう目玉財布ノイローゼです。(目玉商品になればいいけど)

改良したのが、こちら。

小銭入れ

前回はマチの所に小銭入れを縫い付けていましたが、今回は本体に縫ったので、マチ分、ガバっと開いて、小銭を取りやすくしました。いやー、実に取り易い

これで、やっと、やっっっと完成型か!か?

ん・・・?

使って2週間、また気づいてしまった・・・

小銭入れにピッグスエードを使ったので、お札やレシートを隙間に入れる時、何だか入れづらい。あ~そうか~スエードだから滑らないんだ~だから定期入れの部分に使ったんじゃーん、ははは~

ちっきしょーーー!!!!

まだまだ研究は続きそうです。
次回で完成型になればいいです。します。

最後に、歴代のお財布の画像で今日は終わります。
長々と読んで下さりありがとうございました。

歴代L字財布1


歴代L字財布2







スポンサーサイト



帆布×レザーポーチ

こんばんは。

最近、YouTuberの動画をよく見るのですが、毎日毎日ネタを考えて編集もして、大変だなーと、ブログを書きながら思います。

さて、今日はポーチのご紹介です。

帆布とレザーを組み合わせたポーチです。

帆布×レザーポーチ

ヴィンテージ加工してある8号帆布と牛革で作ってあります。

帆布×レザーポーチ 2

A5サイズがギリギリ入るくらいの大きさです。(次作るときは、もう少し大きくしよ)

通帳などを入れるのに便利です。縦18cm×横24cmです。ファスナーの持ち手にはレザーのひもがついてあります。

帆布×レザーポーチ 3

色は3色で、ピンク(2点)、ブルー(2点)、カーキ(1点)、在庫はあります。

税込み ¥3,500+送料となっています。

ミンネ(https://minne.com/@haine-store)でも販売していますが、こちらhaineのホームページ(https://www.haine.jp/)のコンタクトにあるアドレスからメールを頂ければ、ご注文をお受けいたします。

宜しくお願い致します。


【初めて】サンダル作ってみた~後編~

こんばんは。

今日は昨日書いた、サンダル作り~最終章~です。(そんな大げさな事ではないです)

前回、裁断したフィットセルを、中底に接着剤でくっつけます。

このへん、写真撮るの忘れたーー

そして中底+フィットセルを牛革で包みます。

中底

包んだのが、こんな感じです。

その後、ベルトを差し込む為に穴を空けるのですが、何が一番良い方法かも分からず、ひたすらカッターで彫っていたと思います。

中底2

何だかサンダルぽくなってきた~

サンダル1

ここからが一番大変だった、中底にかかとの部分を、嵌める作業です。

かかとには芯を入れて、型崩れしないようにカーブにしてあるのですが、どうやって穴あけよ・・・

始めは、ベルトの時と同様に、カッターで開けていたのですが、かかとは、革を二重にしている+芯も入っているので、かなり厚みがあるし、これじゃあ日が暮れちゃうよーー(泣)

あ、ポンチで開けりゃー早いじゃん・・・(もっと早く気づけば良かったーー)

そんなこんなで、やっとこさ嵌め込んで、次は、足首のベルトなのですが、

サンダル2

何cmとかよく分からないから、とりあえず紙で、自分のサイズに合わせて長さを決めました。

そして最後に、本底は贅沢にビブラムソールを使って、接着剤でくっつけて完成です!!

レザーサンダル

初めてにしては、良いかしら・・・(ハート)←なんか中学生っぽい

うきうき気分で、履いたある夜の日・・・


ぎゃあああー靴擦れ半端じゃないーーーーー(泣)
帰り道、酔っ払っていないのに、ヨタヨタ歩きだyo!!!!

すっごい痛い、何コレ、血だらけなんですけど


靴擦れという人体実験の結果、分かったんですが、サンダルって、甲のベルトが緩いと、足首のベルトに負担がかかって、靴擦れの原因になるのですね。

代償は大きかったけど、履いてみて、靴の仕組みが少し分かった気がしました。
作る方がいましたら参考にして見て下さい。

あれから怖くて履けてないのですが、リベンジして、いつかは商品化にしたいと思います。

靴職人さん、すごいな(尊敬)

何だか分かり辛い説明だったかも知れませんが、読んで下さってありがとうございます。

【初めて】サンダル作ってみた~前編~

こんばんは。

今日は、ちょうど一年前に、初めてサンダルを作った時の事を書きたいと思います。

私は、革や革の道具が売っている東急ハンズに、仕事の帰りに、よく立ち寄っていたのですが、

ある日、こんな本を見つけてしまいました。


手縫いで作る サンダルとスリッパ

『手縫いで作る サンダルとスリッパ』

!!??

え、サンダルって作れるの!?

今まで、洋服を作ってきた自分には、靴は別の世界だと思っていたので、自分で作るという概念がありませんでした。

だけど、革靴の道のりは遠いだろうけど、もしかしたらサンダルなら行けるかも!!って、思っちゃって、この本を即買いしました。

中を読んでみると、んーちょっと大変そうだけど、まあ何とかなるかー!ってなノリで、デザインを考えたおかげで、

え...自分が作りたいサンダル、この本に載ってないじゃんって事に気づいて、サンダル作り初心者にして、いきなり応用編を作らなくてはならなくなりました。

一年前のある夏の日、浅草にある、靴用品は何でも揃うコト靴の道具や資材専門店の『マモル』に買出しに行きました。

サンダル作りに一番拘ったのは、中底のクッションでした。

当時、右足だけが偏平足になりかけてて、階段を下りる時などに足首の筋が『ピキッッ』として痛かったのですが、そんな時は、土踏まずのアーチをサポートしてくれる中敷が良いと聞いたので、足の為にも、クッションをいれたサンダルが欲しかったのです。

さすが、マモル。『フィットセル』という低反発の足の衝撃吸収材が置いてありました。

フィットセル

この水色のがフィットセルです。

これを、中底より1cmくらい内側でカットします。

フィットセル2

そして、拘りの(笑)アーチの部分もカットします。

フィットセル3

もう全て目分量で、こんなんで出来上がるかしら・・・って感じです。

長くなったので、今日はこれくらいにします。

次回、後編を書きますので、良かったら見てみてください。






レザーポケットティッシュケース

こんばんは。
九州の方は台風が来てるみたいで、知り合いや友達が住んでいるので、心配です。


さて、今日はレザーポケットティッシュケースのご紹介です。

ポケットティッシュってよく駅前とかで、パチンコ店やコンタクトレンズの案内で、もらったりしますよね。

新宿の学校に通っていた時は、帰りに2~3個貰っていたので、買う事もなかったのですが、
人前で使う時に、少し抵抗はありませんか?

いかにも宣伝してます!!みたいなティッシュは恥ずかしいなと思ったり・・・

そんな時、ケースがあれば解決です!!!(結局商品の宣伝)

牛革で作ったポケットティッシュケースです。
ポケットティッシュケース2

こちらは、ファスナーポケットもついていますので、薬や絆創膏なども入れられます。

ポケットティッシュケース
ポケットティッシュケース4

友達に『ティッシュちょうだい』って言われて、これ出したらカッコよくないですか笑
そうでもないですか、そうですか、そうっすか。
このブログ見てる人いるんですかね。
毎日不安なんですけど(急にネガティブ)

ま、いいや。後ろはこんな感じです。
ポケットティッシュケース3
さり気なくロゴを焼印しています。
あ、焼印についてもいつか話します。


税込み ¥2,500+送料となっています。
今なら、新品のポケットティッシュをお付けします!!(胸張っていえるような謳い文句ではないですね)

ミンネ(https://minne.com/@haine-store)でも販売していますが、こちらhaineのホームページ(https://www.haine.jp/
)のコンタクトにあるアドレスからメールを頂ければ、ご注文をお受けいたします。

宜しくお願い致します。

デニムのキャスケット

こんにちは。

今日は帽子の紹介です。

こちらは14オンスのブルーデニムで作ったキャスケットです。

キャスケット1

出来上がって思ったのですが、クラウン(頭部)は大きくて、ツバが短い帽子って、ご近所物語のツトムくんが被ってたな~って思い出しました。あんなイメージです。クラウンが結構大きめなので、潰して被ると、しっくりきます。

キャスケット2
キャスケット4
ツバに硬い芯が入っているので、型崩れしないです。
キャスケット3

後ろから見たらベレー帽みたいですね。
キャスケット5

表地裏地ともに綿100%です。
内側のおでこに来る辺りに、抗菌・防臭・吸汗してくれるテープを縫い付けてあります。
汗をかいたら手洗いもできます。

キャスケット6
キャスケット7

頭周り 58cmです。

税込み ¥3,500+送料となっています。

ミンネ(https://minne.com/@haine-store)でも販売していますが、こちらhaineのホームページ(https://www.haine.jp/
)のコンタクトにあるアドレスからメールを頂ければ、ご注文をお受けいたします。

宜しくお願い致します。




新作リュックの試作品

こんばんは。
8月だというのに関東は寒くないですか。
風邪など気をつけてくださいね。

7月に試作品で作った新作のリュックを紹介します。

防水ナイロン×牛革のリュックです。

ナイロン×レザー リュック1

フラップのあるリュックは使った事がなかったので、作ってみました。
ついでに鍵など小物が入るくらいのポケットも付けてみました。

ナイロン×レザー リュック2

両サイドにペットボトルや折りたたみ傘が入るポケットもつけました。
ポケットはナイロンを二重にして、上端は革でパイピングをして、丈夫にしてあります。
肩ひもは、キルト芯が入っているので、肩の負担を少しでも軽減できるようにしました。

ナイロン×レザー リュック4

中は、ハトメで穴を開けて、ひもで開閉できるようになっています。
口が大きく開くのと、裏地にもたくさんポケットをつけたので、収納に便利だと思います。

ナイロン×レザー リュック5

毎回、ひもで開け閉めするのは大変なので、後ろに長めのファスナーをつけて、ココからでも出し入れできるようにしました。

ナイロン×レザー リュック3

後ろのファスナーって、利き手によって左右分かれると思うのですが、どっち側につけるか検討中です。

使ってみて2週間くらいですが、まだまだ改良点があるので、直していきたいと思います。


次回は、昨日の夜作ったデニムの帽子を紹介します。

良かったら見てみてください。

ブランド名の由来

こんばんは。

今日は、よく聞かれるブランド名について、お話したいと思います。

haine

『haine』とローマ字表記にしていますけど、日本語なんです。

漢字で、延びる根っこって書いて『延根』←これで、ハイネと読みます。

意味は、読んで字の如く、のびた根っこの事です。他に蓮の別名の意味もあるみたいですが、

大きな木に育つような根がしっかりしたブランドにする、という意味を込めて付けました。


大木・・・何十年かかるんだろ・・・孫の代、いや、ひ孫、玄孫、来孫、昆孫、仍孫、雲孫・・・

うそです、さらば青春の光のネタ、わかる人いますか笑

お笑いも好きなので、そんな話もできたらいいなと思います。


次回は、新作リュックのサンプル製作についてお話します。

良かったら見てみてください。

続きを読む

お久しぶりです。

こんばんは。

今日から8月ですね。

今までwixでブログを書いていましたが、
FC2の方がSEOに強そうなので、こっちに書き換えました。

haineは無名もいいところなので、宣伝も兼ねて、頑張って書いてみます。

まず自己紹介がてら、『haine』とは…ですが、

今年から始めたファッションブランドです。ハイネと読みます。

洋服とバッグと小物を作ってます。

ユニセックスでカジュアルなデザインです。

こんな感じです。

帆布×レザー ナップザック

これは2017年のS/Sの商品です。

黒のトップスは裏毛のスウェット地で作ったカットソーです。

背負っているバッグは、帆布とレザーを組み合わせたナップザックになります。

ブルーのパンツは、14オンスのデニムで作ったサルエルのベイカーパンツです。

詳しくは、ホームページにも載っています。

https://www.haine.jp

ハイネは、男性も女性も中性も手に取ってもらえるようなデザインに、
なればいいな、と思ってデザインを考えています。

次回は、『haine』というブランド名の由来についてお話します。
良かったら見てみて下さい。



プロフィール

haine

Author:haine
haine(ハイネ)というファッションブランドのブログです。洋服、バッグ、小物等をひとりで細々製作しています。デニム、レザーも扱っています。新着情報や製作過程なんかも発信して行こうと思います。良かったら見てみてください。

ホームページはhttps://www.haine.jp

ショッピングサイトはhttps://haine.base.shop

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR